:2016/12/01(木) 10:48:12.55 ID:
    欧州の初週売上が150万本以上(英国で36.8万本) 任天堂の歴代最高初動
    http://gematsu.com/2016/11/pokemon-sun-moon-first-week-sales-top-1-5-million-europe-nintendo-biggest-launch-region

    北米で2週間で370万本を販売 XYから85%増加 任天堂歴代最速
    http://www.polygon.com/2016/11/30/13797626/pokemon-sun-and-moon-sales-record

    日本では2週目で約230万(ダウンロード除く)
    http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20161130074/


    世界計 750万本以上
    :2016/12/01(木) 12:27:35.16 ID:
    >>1
    めちゃ凄いけど出荷1000万本って言ってたから250万弱市場に残ってることに...?
    まあ年末年始あるからそれぐらいは余裕ではけるだろうけど
    【【GO効果】ポケモンサンムーン、北米と欧州で任天堂歴代売上記録を更新】の続きを読む

    :2016/12/01(木) 13:12:57.03 ID:
    任天堂が日本国内向けには近く生産を中止する家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)U」の価格が高騰している。ネット市場では、希望小売価格の7割高で販売する店も出ている。

    任天堂のウェブサイトによると、WiiUプレミアムセット(白)の希望小売価格は税込みで3万2400円。一方、米アマゾンのサイトでは、1日午前8時半ごろ、同機種が新品の最も高い価格として7割高となる5万5000円で販売されている。すでに生産終了した黒は10万7288円のものもある。

    世界的な大ヒットとなった前機種の「Wii」と比較し、Uは2012年の発売当初から苦戦が続いた。9月末までの販売台数はWiiの1億163万台に対し、Uは8分の1の1336万台にとどまる。任天堂は来年3月に新ゲーム機「スイッチ」の発売を予定しており、Uの国内向け生産については近く終了すると発表していた。

    「販売終了が近く、希少価値が出てきている」と岩井コスモ証券の川崎朝映アナリストは分析。また「クリスマス商戦へ向けた需要もある」と述べた。任天堂の広報担当者は、回答を控えるとした。

    Uの不振は、自社のゲーム機にソフトを提供して収益を上げる任天堂のビジネスモデルの転換を促した。今月15日にはスマートフォン向けにマリオを使ったゲームを配信するほか、数年内に日米3カ所でテーマパークを開設するなど収益の多角化を図っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-05571241-bloom_st-bus_all
    :2016/12/01(木) 13:54:04.50 ID:
    >>1
    面白いゲームが多いからね
    なにげにWii互換も重要
    【【速報】近く生産終了のWiiu、市場で価格高騰-7割高も】の続きを読む

    :2016/11/30(水) 16:03:57.15 ID:
    ■任天堂
    2011年 776億円
    2012年 -432億円
    2013年 70億円
    2014年 -232億円
    2015年 418億円
    2016年 165億円
    合計 765億円

    ■ソニー
    2011年 -2595億円
    2012年 -4566億円
    2013年 430億円
    2014年 -1283億円
    2015年 -1259億円
    2016年 1477億円
    合計 -7796億円

    そりゃビル売るわwww
    :2016/11/30(水) 16:56:55.88 ID:
    >>1
    うわああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    :2016/11/30(水) 16:57:32.05 ID:
    >>1
    なにがあったの?
    つい最近ゴキブリ勝ち誇ってなかったか?
    :2016/11/30(水) 17:58:29.60 ID:
    >>1
    次の10年はどうなるのと
    【【悲報】任天堂とソニーの利益wwwwwwwww】の続きを読む

    :2016/11/27(日) 15:45:34.61 ID:
    http://toyokeizai.net/articles/-/145889

    スマホゲームが今、かつての勢いを失っている。しかし、元気がないのはスマホゲーム専業メーカーのみ
    家庭用ゲームからスマホに参入した企業は、人気キャラの活用で勢いを取り戻しつつある。

    スマートフォンゲームの2大巨頭、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとミクシィが呻吟している。
    ガンホーが10月28日に発表した2016年1~9月期決算は営業利益365億円(前年同期比38%減)だった。
    2012年に配信を始めたスマホ向けゲームアプリ『パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)のユーザー数減少によるものだ。
    2013年に『モンスターストライク』(モンスト)を配信することで業績を驚異的に伸ばしたミクシィも、
    11月9日に公表した2016年4~9月期決算は営業利益368億円(前年同期比19%減)と大幅に落ち込ん
    。「マンネリ化したものを夏休み期間に提供してしまったのが苦戦の原因」(ミクシィの森田仁基社長)。

    依然として40%近い利益率を誇るガンホーとミクシィだが、株価は2015年11月に比べて半減、
    PER(株価収益率)は1ケタ半ばまで落ち込んでおり、株式市場からの評価は冷え込んでいる。
    ユーザー同士の交流機能を備えたソーシャルゲームというジャンルが現れたのは2007年のこと。
    グリーがフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)向けに『釣り☆スタ』を出したことにさかのぼる。
    すき間時間に遊べる操作性や「ガチャ」と呼ばれるくじ引きアイテムへの課金といった、現在に至る基本的な仕組みが確立された。
    当時、DeNAとグリーは自社のプラットフォーム上に各社のゲームを配信し、手数料を取ることで急激な成長を遂げた。

    その後、2012年の『パズドラ』の大ヒットを契機に、主戦場はスマホへ移行した。翌年には『モンスト』も登場し、
    スマホゲーム市場は急拡大。カドカワの『ファミ通ゲーム白書』によれば、国内のゲームアプリ市場は2010年に1187億円だったが、
    2015年には約9283億円まで拡大。家庭用ソフトの約4倍の規模に膨れ上がった。
    しかし、国内のスマホ普及が一巡した今、ガンホー、ミクシィの決算に象徴されるようにスマホゲーム業界は急激な成熟化を迎えている。
    あるゲーム会社の幹部は「市場成長はもう頭打ち。これからはパズドラとモンストから離れるユーザーを各社が奪い合う市場になる」とため息をつく。
    こうした環境下で最も注目を集めているのが、2015年3月に資本提携した任天堂とDeNAの2社だ。
    両社が開発・運営で本格的に協力したゲームアプリである『スーパーマリオラン』は12月15日の配信が決定。
    世界151カ国で配信し、1200円を支払えば追加課金なしで遊ぶことができる“買い切り”モデルで展開する。
    「既存のゲーム事業の活性化につなげるだけでなく、(スマホゲームを)事業の大きな柱にしていきたい」(任天堂の君島達己社長)

    任天堂の参入が象徴するのは、ゲーム業界においてIPの重要度が高まっている点だ。
    IPとは、ゲームのタイトルやキャラクターなどを含めた知的財産のこと。
    伝統的なゲーム会社である任天堂の『マリオ』や『ゼルダ』、スクウェア・エニックスHDの『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』が代表例だ。
    こうしたIPは知名度が高く、ゲームを投入すれば幅広いユーザーの獲得が見込める
    。実際、米ナイアンティックはポケモンというIPを活用したスマホゲームの『ポケモンGO』で記録的なダウンロード数をたたき出した


    (続きはサイトで)
    :2016/11/27(日) 16:03:49.06 ID:
    ソシャゲで稼ごうとするのがそもそもの間違い
    コラボイベントで稼ごうが中身は同じなんだし衰退が目に見えてる
    サイゲみたいにヒット作を安定して出してればまだ延命できるがガンホーはパズドラ以外ぱっとしないし
    だから孫から見捨てられるんだよ
    【【ゲーム】ミクシィとガンホーを襲うスマホの"成熟化" 見えない次の稼ぎ頭】の続きを読む

    :2016/11/30(水) 05:17:43.78 ID:
    テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ」を運営する米ユニバーサル・パークス&リゾーツと任天堂は29日夜、
    任天堂のゲームの世界観を再現したエリアを大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と米国の2カ所のユニバーサル・スタジオに展開すると発表した。

    新エリアは任天堂の人気キャラクター「マリオ」が仲間たちと出会いながら、パワーアップアイテムを取得し、
    巨大な敵と戦ったり、逃げたりする内容。年齢やゲームの熟練度にかかわらず楽しめるものになるという。

    米国のフロリダ州とカリフォルニア州でユニバーサル・スタジオを運営するユニバーサル・パークス&リゾーツと任天堂は
    2015年5月、テーマパークビジネスを共同で展開するために提携したことを発表。

    ユニバーサル・パークス&リゾーツの親会社の米コムキャストが同年11月にUSJの運営会社を買収したことで、
    USJに任天堂エリアが設置されることも決まっていた。

    http://www.sankei.com/west/news/161129/wst1611290093-n1.html

    依頼@159
    :2016/11/30(水) 05:19:24.13 ID:
    マリオvsMrDO
    【【テーマパーク】「マリオと戦おう!」ユニバーサルが「任天堂」エリアを世界3カ所で展開】の続きを読む

    Top▲